便利で役立つ!ビリヤードルール手帳~上達への近道神業集~

共通のファウル

1_スクラッチ
ショットした手球が、直接または何らかの的球に当たった後にポケットに落ちてしまうファウル。
ゲームの種類によって、その後の処理は変わってきます。


2_球触り
ショットの際に手球に触れて良いのはキュー先に付いている革製のタップだけ。
それ以外の部分が触れるとファウルになります。また的球に触れた場合もファウルとなります。


3_球場外
ショットされた手球がテーブル外に飛び出した場合、ショットによって的球がテーブル外に飛び出した場合にファウルとなります。


4_2度撞き
ワンショットの間にタップが手球に触れて良いのは一度だけです。
一旦ショットされた手球を2度以上撞くとファウルになります。


5_両足が床から離れる
ショットの瞬間は、必ずどちらか片方の足が、つま先だけでも地面に触れていなければなりません。
例えばテーブルの上に腰掛け、両足が宙に浮いた状態でショットするとファウルとなります。


6_目印を付ける
ショットをする時に、自分が狙いたい場所を特定するために、何らかの目印を置くとファウルとなります。


7_手球をポケットに落としてはいけない
手球を付いて的球を落としていくわけですから、手球をポケットに落としてはいけません。


8_射ち損ね
手球をうまく撞けずに、球が跳ねてしまったらいけない。


9_空振り
手球を撞いたが、どの的球にも当たらなかった場合。